キッチンリフォーム費用が格安!おすすめ業者・メーカー比較!【ガチ体験談】

キッチンリフォーム体験談!

キッチンリフォーム費用が格安なおすすめ業者やメーカーを徹底紹介していきます!

ガチ体験談から、キッチンリフォームのおすすめポイントや費用比較を見てみましょう。

どのようなキッチンリフォームにするかプランを立ててくだされば幸いです!

 

  1. キッチンリフォーム体験談!私のガチ経験談
  2. キッチンリフォーム格安な方法!相見積もりが簡単にできる方法とは
    1. キッチンリフォーム比較紹介サイト「リショップナビ」を利用する
    2. キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノコ」を利用する
    3. キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノべる。」を利用する
    4. キッチンリフォーム比較紹介サイト「タウンライフリフォーム」を利用する
  3. キッチンリフォームの費用は何で決まる?3つの内訳を解説!
    1. キッチンリフォームの費用の1番目の要素は「キッチン代金」
    2. キッチンリフォームの費用の2番目の要素は「施工費用」
    3. キッチンリフォームの費用の3番目の要素は「諸費用」
  4. キッチンリフォームレイアウトの人気ランキングベスト4
    1. キッチンリフォーム対面型が1番人気!特徴と費用
    2. キッチンリフォームI型が2番人気!特徴と費用
    3. キッチンリフォームアイランド型が3番人気!特徴と費用
    4. キッチンリフォームL字型が4番人気!特徴と費用
  5. キッチンリフォームおすすめメーカーランキング!
    1. キッチンリフォームおすすめメーカー1位はLIXIL
    2. キッチンリフォームおすすめメーカー2位は「パナソニック」
    3. キッチンリフォームおすすめメーカー3位はクリナップ
    4. キッチンリフォームおすすめメーカー4位はタカラスタンダート
    5. キッチンリフォームおすすめメーカー5位はサンワ
  6. キッチンリフォームおすすめ業者ランキング!東京編!
    1. キッチンリフォームおすすめ業者1位はライフワーク
    2. キッチンリフォームおすすめ業者2位はTOKAI
    3. キッチンリフォームおすすめ業者3位はウェルファー
    4. キッチンリフォームおすすめ業者4位は大京リフォーム・デザイン
    5. キッチンリフォームおすすめ業者5位はアートリフォーム東京支店

キッチンリフォーム体験談!私のガチ経験談

私のキッチンリフォーム体験談について紹介します。

キッチンリフォーム体験談!

 

私がなぜキッチンリフォームしたいと思ったかというと、「家自体が築20年で、台所が古く使いにくく感じたから」です。

設備自体が古いのもありますが、台所全体の壁や床が汚くなっていて、どうしても見栄えがよくありませんでした。

光熱費も高く、節約するには根本的に変えるしかないと考え、キッチンリフォームすることに決めました。

キッチンリフォームをしたい場合、他のリフォームと同様に、まずは「業者」を選択しなくてはいけません。

しかし、私には知識がなかったので、まずは見積もりサイトを利用することにしました。

私が利用した見積もりサイトは「リショップナビ」で、見積もり後におすすめ業者も紹介してくれたため、取引全体がスムーズに終了して、本当に助かりました。

紹介してくれた業者は「ホームプロ」という業者で、費用はおおよそ「140万前後」でした。

自宅はI型という古いタイプで、比較的最新の対面型にするための工事だったので、台所まわり全てをリフォームすることになったため、費用が多めになっています。

今回のリフォームが成功したか失敗したかでいうと、「充分成功した」と胸を張って言えます。

キッチンリフォームを請けてくれたホームプロのリフォーム力が高かったのと、リショップナビが自分にぴったりの業者を紹介してくれたのが大きいでしょう。

新しくなったキッチンは従来のI型とは違って対面式にしたので、キッチン側と壁側を行き来しやすくなりました。

今では、作業が簡易的になり、スムーズに料理することができます。

知識がない私のような人間は、まずは見積もりをしてみて、その後キッチンリフォーム業者などを紹介してもらうのがベターではないでしょうか。

 

キッチンリフォーム格安な方法!相見積もりが簡単にできる方法とは

キッチンリフォーム格安な方法を徹底紹介していきます。

キッチンリフォーム格安な方法!相見積もりが簡単にできる方法

 

格安キッチンリフォーム業者を見つけるキーワードは、ズバリ「相見積もり」です。

キッチンリフォームの相見積もりができるサイトをまずは探してみてはいかがでしょうか。

相見積もりとは「複数の企業から見積もりしてもらうこと」です。

例えば、1社だけ見積もりを依頼して、「100万円です」と言われたとしましょう。

しかし、他の会社に頼んだ場合、「80万円」でリフォームを請けてくれる可能性だってありますよね。

このケースの場合は2格安でリフォームできたとは言い難いです。

格安キッチンリフォーム業者を見つけるには、1つの業者に絞らず、たくさんの業者に見積りを依頼する相見積もりが必要だということです。

業者に直接相見積もりを依頼するのではなく「紹介サイト」や「見積もりサイト」を依頼するようにするともっとスムーズに格安キッチンリフォーム業者を見つけることができます。

一括で見積もりしてくれるわけなので、例えば5社一括で見積もりして、その中で一番格安業者を選ぶことができるからです。

 

キッチンリフォーム比較紹介サイト「リショップナビ」を利用する

格安キッチンリフォーム比較紹介サイトの「リショップナビ」を利用してみてはいかがでしょうか。

キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノコ」を利用する場合

 

リショップナビは、格安キッチンリフォーム業者を紹介してくれる比較紹介サイトとして、真っ先に出てくるサイトでしょう。

それだけ、格安業者を紹介してくれる実力が高いサイトです。

リショップナビは、自分でリフォーム費用を設定して、その他の項目を伝えることで、最大で5つの業者を紹介してくれます。

費用を設定できるため、あらかじめ格安費用を設定しておけば、格安費用で業者を紹介してくれるでしょう。

5つも業者を紹介してくれるため、自分にぴったりの格安キッチンリフォーム業者を見つけ出す可能性は高いです。

紹介してくれるリフォーム業者の質もよく、リショップナビが独自の基準で掲載業者を選択しているため、悪徳リフォーム業者は0だと思っていいでしょう。

リショップナビ公式サイトのリフォーム掲載数も1万件を超えているので、参考になる事例があるかもしれません。

チェックしてみましょう。

 

キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノコ」を利用する

格安キッチンリフォーム比較紹介サイトの「リノコ」を利用してみてはいかがでしょうか。

キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノコ」を利用する場合

 

リノコでも見積もりをすることができ、その見積もりの結果を照らし合わせながら、格安でリフォームを行ってくれる業者を見つけてくれます。

リノコで格安キッチンリフォームを紹介してもらうためには、自宅の台所の写メを送る必要があります。

その分、今の台所の問題点をリノコが把握しやすいので、より正確に見積もりしてもらうことができます。

どの部分に費用がかかるか、ポイントを抑え、できるだけ格安で業者を紹介してもらいましょう。

最大で5社、キッチンリフォームサイトを紹介してくれます。

格安でリフォームしてくれる業者と、自分にぴったりのリフォームを施工してくれる業者の2つのポイントを、こちらからも抑えましょう。

施工例はやや少ないですが、電話対応が早いと口コミで多く寄せられていたので、直接格安キッチンリフォームの見積もり概要を聞いてみてもいいかもしれません。

 

キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノべる。」を利用する

格安キッチンリフォーム比較紹介サイトの「リノべる。」を利用してみてはいかがでしょうか。

キッチンリフォーム比較紹介サイト「リノべる。」を利用する場合

 

リノべる。で格安キッチンリフォームの見積もりや紹介をしてもらうメリットは、「不動産ならではのネットワークを駆使してリフォーム会社を探してくれる点」です。

リノべるは不動産業にも精通しているため、「物件探し」に慣れています。

そのため、こちらがあらかじめ「格安費用でキッチンリフォームできる業者を探してほしい」と言えば、要点を抑えたあと、満足のいく格安キッチンリフォーム業者を紹介してくれるでしょう。

全体的にフォローが厚いサイトで、見積もりサイトで見積もりしてもらった後、実際に直接相談してみてはいかがでしょうか。

丁寧にキッチンリフォームについて教えてくれ、格安キッチンリフォームの選択肢を提出してくれます。

格安キッチンリフォームを探すには、情報量も大切です。

情報量は他の格安業者紹介サイトよりも優れているリノべる。は、頼もしい味方になってくれます。

 

キッチンリフォーム比較紹介サイト「タウンライフリフォーム」を利用する

格安キッチンリフォーム比較紹介サイトは「タウンライフリフォーム」を利用してみてはいかがでしょうか。

キッチンリフォーム比較紹介サイト「タウンライフリフォーム」を利用する場合

 

タウンライフリフォームのよいところは、「利用満足度が高いこと」です。

タウンライフリフォームを利用したたくさんのユーザーは、格安キッチンリフォームを紹介してもらえた人が多いので、見積もり紹介サイトとしての信頼感は抜群でしょう。

なぜ、格安キッチンリフォーム紹介力が大きいかというと、タウンライフリフォームに専門家がたくさんいるからです。

もちろん、リフォームに関する詳しい知識も持っていますが、「どの業者に依頼すると価格を抑え、格安にできるか」もちゃんと考えてくれます。

他のサイトと比べ、公式サイトのキッチンリフォーム紹介掲載は少ないですが、基礎情報が豊富です。

格安業者を紹介してくれるだけでなく、確かなリフォーム知識を持っていることは明白ですよね。

一括見積もりサイトですので、たくさんある情報の中から自分にピッタリの格安キッチンリフォームを見つけ出せる可能性は高いです。

 

キッチンリフォームの費用は何で決まる?3つの内訳を解説!

キッチンリフォームの費用は何で決まるのでしょうか。

キッチンリフォームの費用は何で決まる?

 

今回は、主な内訳である3つを解説していきます。

費用は「キッチン代金」「リフォーム施工費」「諸費用」です。

キッチンリフォームでは新しくキッチンを購入することが多く、キッチン代金を払う必要があります。

キッチンを選んだら、今度は工事施工の費用も払います。

さらに、その他の費用である諸費用も費用に上乗せされ、最終的な費用が決定されます。

おおよその費用ですが、高性能とされているシステムキッチンで平均で「110万円~140万円」、簡易タイプで平均が「40万円~50万円」となります。

もちろん、グレードアップしたい場合は、さらなる費用が必要です。

特に、キッチン代金は費用の差が顕著に出る要素で、シンプル設計から性能のいいハイグレードにすることまで、本当に幅が広いです。

そこからさらに「I型」「L型」「対面」「アイランド型」などのレイアウトがあるので、費用の算出が難しくなっています。

 

キッチンリフォームの費用の1番目の要素は「キッチン代金」

キッチンリフォームで1番費用が大きいのは、「キッチン代金」であることが多いです。

キッチンリフォームで1番費用が大きいのは、「キッチン代金」

 

キッチンリフォームをしたい場合、大半の人が「根本的にキッチンの設計を変えよう」と思います。

どうせリフォームをするなら、さらに便利なキッチンに変えたいと思うからです。

費用の中でも最も費用を算出するのが難しく、例えば、「I型」から「対面」にしたいように、キッチンの構成を変えたい時があります。

そうなると、従来のキッチンを解体して、その後新たなキッチンを購入しなくてはいけません。

その場合は、間違いなく費用面で一番足を引っ張るのは、キッチン代金となります。

一番簡易的な作りと言われる「シンプルグレード」でも、キッチン費用として50万円程度取られてしまいます。

一番高い「ハイグレード」のキッチンの場合、費用が100万円を超えるキッチンもざらです。

とはいえ、キッチンリフォームには半必須な要素ですので、避けることもできません。

自分の予算と相談しながら、キッチンを選択してください。

 

キッチンリフォームの費用の2番目の要素は「施工費用」

キッチンリフォームの費用の2番目の要素は「施工費用」です。

キッチンリフォームの費用の2番目の要素は「施工費用」

 

施工費用とは、リフォームを行う際の工事費用みたいなもので、大きく分けて仮設工事、解体工事、設備関連工事があります。

その他、台所の壁紙を取り換える場合などの、台所まわりに関係するキッチンリフォームの場合も、施工費用に費用が上乗せされます。

施工作業はキッチンの取り外しから設置まで業者に任せることになります。

そのため、キッチンリフォームをしたい場合、絶対に避けては通れない要素となるでしょう。

この施工費用に関しても算出するのが難しく、業者やメーカーによって費用が大きくことなります。

そのため、まずは見積もりサイトで、「だいたいどのくらいの費用が必要なのか」を見る必要があります。

ただし、見積もりサイトを利用して費用を出したとしても、「施工工事をはじめないとわからない費用」というのは出てくる可能性があります。

費用は多めに用意しておいたほうがよさそうです。

 

キッチンリフォームの費用の3番目の要素は「諸費用」

キッチンリフォームの費用の3番目の要素は「諸費用」です。

キッチンリフォームの費用の3番目の要素は「諸費用」

 

諸費用とは、その他にかかる費用のことで、例えば、施工するにあたって、業者側の利益金額であったり、キッチンリフォームに直接的に関わらないけど発生する費用のことです。

主な諸費用は、作業員の人件費、機材のリース費用、交通費などがあります。

諸費用に関しては本当に細かい費用になりますので、各業者が最初から「リフォーム金額の10%」といったように設定していることが多いです。

キッチンを構成するのに直接関わる費用ではありませんが、リフォームを行う際に必ずついてくる要素です。

また、キッチンリフォームするにあたって必要な光熱費、水道代などは業者に払うことはないですが、リフォーム代と別に、各管理会社に支払う可能性もあります。

ただ、金額はそこまで大きくはならないでしょう。

 

キッチンリフォームレイアウトの人気ランキングベスト4

キッチンリフォームレイアウトの人気ランキングベスト4を紹介していきます。

キッチンリフォームレイアウトの人気ランキングベスト4

 

I型、U型、L型とあるレイアウトの中で、人気があるのはどのレイアウトなのでしょうか。

 

キッチンリフォーム対面型が1番人気!特徴と費用

キッチンリフォームのレイアウトは、「対面型」が1番人気です。

キッチンリフォーム対面型が1番人気!

 

対面型とは、壁と反対向きにキッチンが設置されているレイアウトのことで、壁に背を向けて料理をすることになるタイプです。

使い勝手は非常によく、例えばキッチンと向き合いながら後ろの冷蔵庫から物を取り出したりなど、自分が細かく動く必要なく料理することが可能なレイアウトで、やはり人気が高いです。

さらに、キッチンリフォームの際に「おしゃれさ」を求める人も多く、まるでカフェの厨房ような造りをしている対面型のレイアウトはまさに理想を具現化したリフォームだと言えます。

その代わり、対面型レイアウトにする場合、価格が高くなりがちです。

全体的な費用は、平均で150万円を超えます。ハイグレードの対面型レイアウトにしたい場合は、200万円を超える可能性もあります。

価格は高いけど、おしゃれで便利なキッチンリフォームをしたい人におすすめのレイアウトと言えるでしょう。

 

キッチンリフォームI型が2番人気!特徴と費用

キッチンリフォームのレイアウト2番人気は、従来のタイプである「I型」です。

キッチンリフォームI型が2番人気!

 

キッチンリフォームはお金がかかりますので、価格を抑えて最新型のキッチンリフォームをしたい場合、どうしてもレイアウト面で妥協したいと考える人も多いでしょう。

I型は直線上に動いて料理するため、生活動線が激しくなりがちです。

しかし、スペースを取らないので、その分価格が安くなっています。

対面型やU型と比べたら料理の最中にどうしても動かなくてはいけませんが、安くリフォームできるレイアウトと認識してください。

また、I型は商品ラインナップが多いので、商品を選ぶという観点からは選択幅が広いレイアウトになります。

 

キッチンリフォームアイランド型が3番人気!特徴と費用

キッチンリフォームのレイアウト3番人気は、「アイランド型」です。

キッチンリフォームアイランド型が3番人気!

 

アイランド型は、フルオープンしているタイプのレイアウトで、配膳部分が完全に孤立しています。

そのため、キッチンが一切壁に面していないのが大きな特徴となります。

従来のキッチンはどこかしら壁とキッチンが隣接しているため、アイランド型のレイアウトにする場合、壁とキッチンを切り離す作業が必要なので、その分、施工費用が大きくなります。

その分、一風変わったおしゃれレイアウトにすることができるので、人気ランキング上位のレイアウトになりました。

なによりもおしゃれさを追求したいという人がリフォームしたいなら、アイランド型がおすすめです。

 

キッチンリフォームL字型が4番人気!特徴と費用

キッチンリフォームのレイアウト4番人気は、「L字型」です。

キッチンリフォームL字型が4番人気!

 

L字型レイアウトの特徴は、「L字」に造られたキッチンで、I型と比べてLの下線部分にも配膳スペースができるため、少ない動きで料理することができています。

便利さを追求したい人におすすめのレイアウトで、L字にリフォームする人も少なくないです。

キッチンリフォームをしたい理由のひとつに「おしゃれさ」も判断材料ですが、L字のレイアウトでもリビングの家族と会話しながら料理できるので、おしゃれに感じるはずです。

ぜひ選択肢として考えておきましょう。

ただし、キッチンに入る際のコーナースペースに余計なものを置いてしまうと、便利さが失われ、L字レイアウトの良さが半分消えてしまうので、注意したいです。

 

キッチンリフォームおすすめメーカーランキング!

キッチンリフォームのおすすめメーカーランキングを紹介します。

キッチンリフォームおすすめメーカーランキング!

 

どのようなメーカーの評価がいいのでしょうか。

 

キッチンリフォームおすすめメーカー1位はLIXIL

キッチンリフォームでおすすめメーカー1位は「LIXIL」です。

キッチンリフォームでおすすめメーカー1位は「LIXIL」

 

LIXILはキッチンリフォーム界のキングと言ってもいいほど実力が高いおすすめメーカーです。

なぜLIXILがおすすめメーカーかというと、「おしゃれなこと」と「リフォームに取り入れたい機能が多いこと」が理由です。

キッチンリフォーム後のおしゃれさはおすすめメーカー随一で、家事だけに使われるようなキッチンではありません。

家全体のレイアウトに役立たせるようなおしゃれデザインが、LIXILがおすすめメーカーとして確立したひとつの要因であり、訪問者から「カフェみたい!」と思われるでしょう。

キッチンリフォームに取り入れたい機能に関してですが、傷付きにくさ、ハンズフリー、収納、掃除など、全てにおいて高性能です。

おすすめメーカーはどれも便利な機能を武器にしていますが、LIXILは特に守備範囲が広く、リフォーム後も何不自由なく利用することができるでしょう。

特に、「セラミックトップ」と呼ばれる、傷や熱に強い焼き物ワークトップは本当に優秀です。

キッチンリフォームする際に補強しておきたいキッチン自体の耐性を上げるのにぴったりで、どのおすすめメーカーよりも優れたポイントとして見ていいでしょう。

LIXILのおおよその価格ですが、平均で130万円程度になります。

 

キッチンリフォームおすすめメーカー2位は「パナソニック」

キッチンリフォームおすすめメーカー2位は「パナソニック」です。

キッチンリフォームおすすめメーカー2位は「パナソニック」

 

パナソニックがおすすめメーカーと言われている理由は、「流行りのシステムキッチンへのリフォーム力に優れている」からです。

キッチンリフォームするのなら、キッチン自体の性能も向上させたいと思う人が多く、彼らはおすすめメーカーの中からより性能の高いキッチンを探すでしょう。

そのような場合、大抵パナソニックに目が行きます。

パナソニック公式サイトで堂々とシステムキッチンへのリフォームに関しての特集を組んでいるからです。

商品説明に抜かりがないこともおすすめメーカーたる所以で、施工してもらう際の重要な判断材料となります。

もちろん、パナソニックは他のおすすめメーカーと比べ、性能面でも劣っていません。

主に有機ガラスを使用したキッチンリフォームですので、キッチンを大切に使いたい人にとってもおすすめメーカーとして紹介できます。

パナソニックの平均価格ですが、約150万円になります。

 

キッチンリフォームおすすめメーカー3位はクリナップ

キッチンリフォームおすすめメーカー3位は「クリナップ」です。

キッチンリフォームおすすめメーカー3位はクリナップ

 

クリナップがキッチンリフォームのおすすめメーカーと言われる理由は「ステンレス素材のこだわり」です。

ステンレスは水や熱に強いため、キッチンにぴったりな素材として知られています。

他のおすすめメーカーもステンレス製のキッチンはありますが、クリナップはより上質なステンレス素材を利用しています。

掃除も簡単で多くのアイデアを取り入れているため、実用性も抜群です。

汎用性のあるキッチンリフォームを比較的安価(リフォーム代平均で130万円程度)で施工してくれます。

どのようなキッチンリフォームにしたいか迷っている人には、ぜひチェックしてほしいおすすめメーカーになります。

 

キッチンリフォームおすすめメーカー4位はタカラスタンダート

キッチンリフォームおすすめメーカー4位は「タカラスタンダート」です。

キッチンリフォームおすすめメーカー4位はタカラスタンダート

 

タカラスタンダートがおすすめメーカーなる理由は「ホーローキッチンの質がいい」からです。

ホーローキッチンとは、いわゆるマグネットキッチンのことで、調理器具などを設置しやすいのがポイントです。

キッチンリフォームをする際、収納に関しても考えることがあると思います。

そのため、台所の壁にかけたり、収納の手間が省けるホーローキッチン化も視野に入るのではないでしょうか。

ホーローだからといって「価格が高い」というわけではありません。

おすすめメーカーと比べて安いわけでもありませんが、充分コストパフォーマンスに優れています。

綺麗好きな人にはぜひチェックしてもらいたいおすすめメーカーの中です。

 

キッチンリフォームおすすめメーカー5位はサンワ

キッチンリフォームおすすめメーカー5位は「サンワ」です。

キッチンリフォームおすすめメーカー5位はサンワ

 

サンワがおすすめメーカーとして選ばれた理由は「デザイン性にこだわっているキッチンが多い」からです。

いわゆるおしゃれなキッチンを取りそろえているため、おしゃれさを求めている人にぴったりのキッチンが多いです。

また「グッドデザイン賞」を受賞しているキッチンを多数出しているおすすめメーカーですので、たくさんの人からも認めてもらっている折り紙付きです。

掃除、収納、素材などの利便性も他のおすすめメーカーに負けず劣らずで、サンワに頼めば、よりよいキッチンリフォームになることは間違いないでしょう。

 

キッチンリフォームおすすめ業者ランキング!東京編!

キッチンリフォームでおすすめ業者ランキングの東京編を紹介します!

キッチンリフォームおすすめ業者ランキング!東京編!

 

東京にはどのようなおすすめ業者や会社があるのでしょうか。

 

キッチンリフォームおすすめ業者1位はライフワーク

キッチンリフォームおすすめ業者1位は「ライフワーク」です。

キッチンリフォームおすすめ業者1位はライフワーク

 

ライフワークは東京の足立区、板橋区の水まわりならなんでもおまかせのおすすめ業者で、キッチンリフォームの実力に関してもピカイチです。

ライフワークはキッチンリフォームのすべてにおいて実力が高いおすすめ業者です。

まずは見積もりをするのですが、見積もり段階で隅々まで点検してくれるため、正確な見積もりをしてくれます。

その時点で、費用予算が立てやすいですよね。

おすすめ業者の中でも見積もりの正確さと早さは一番といっても過言ではありません。

さらに、一度見積もりした後、追加料金がかからないことも、おすすめ業者ならではの価格面のアフターケアと言えます。

ライフワークには自社製のショールームは持っていないので、他社のプランを公平に顧客の視点から提案する信頼度も兼ね備えています。

また、ライフワークは水まわりの工事が専門ですので、スペシャリストが多いおすすめ業者です。

そのため、技術は高く、家にぴったりのキッチンを紹介してくれる可能性が高いことも、信頼されている要因です。

信頼度を総合すると、東京のおすすめ業者の中でも高いほうです。

水まわり以外の工事も施工してくれますが、水まわり以外の施工工事をしてほしい場合は、逆に他の班養成の高いおすすめ業者のほうがいいかもしれません。

 

キッチンリフォームおすすめ業者2位はTOKAI

キッチンリフォームおすすめ業者2位は「TOKAI」です。

キッチンリフォームおすすめ業者2位はTOKAI

 

TOKAIがおすすめ業者と言われる理由は「女性目線のリフォームができる点」です。

女性スタッフが多いおすすめ業者で、「主婦として」の観点から、どのようなポイントをリフォームで補いたいかを紹介してくれます。

そのため、実用性の高いキッチンリフォームを提案してくれる確率が高いおすすめ業者になっています。

もちろんTOKAIの男性スタッフの質も高く、TOKAI全スタッフが「品質・生活・感動」を心がけ、今よりも使いやすいキッチンリフォームを約束してくれます。

特に、「品質」に関してはおすすめ業者随一で、施工するキッチンの性能もよく、その後のアフターサービスも充実していて、リフォーム後になにかあっても困ることはないでしょう。

もちろん、他の2つの「生活・感動」も捨てたものではなく、キッチンリフォームのおかげでよりよい生活を手に入れ、感動に導いてくれるおすすめ業者です。

 

キッチンリフォームおすすめ業者3位はウェルファー

キッチンリフォームおすすめ業者3位は「ウェルファー」です。

キッチンリフォームおすすめ業者3位はウェルファー

 

ウェルファーがおすすめ業者とされる理由は「介護とリフォームの両立ができているから」です。

元々ウェルファーは介護企業だったのですが、住宅リフォーム事業にも強く、バリアフリー展開に優れています。

そのため、歳を取って従来のキッチンリフォームでは利便性に物足りなくなりそうだという方に紹介したいおすすめ業者になります。

介護業界で抜群の信頼を得ているため、介護で培った能力を活かしている形となり、キッチンリフォームに関しても信頼されはじめています。

キッチンリフォーム専門のおすすめ業者ではありませんが、知識は他の業者と負けていないことになりますよね。

 

キッチンリフォームおすすめ業者4位は大京リフォーム・デザイン

キッチンリフォームおすすめ業者4位は「大京リフォーム・デザイン」です。

キッチンリフォームおすすめ業者4位は大京リフォーム・デザイン

 

主に渋谷区のキッチンリフォームを司っている大京リフォーム・デザインは「水まわり設備交換リフォーム」を実施してくれるおすすめ業者です。

キッチンリフォームの際に、「自分のキッチンに何が足りないのか」を業者目線から教えてくれ、それに合った商品をオプションとして付けてくれます。

そのため、キッチンリフォーム後の使い勝手は、おすすめ業者の群を抜いて大京リフォーム・デザインがいいです。

大京リフォーム・デザインは顧客満足度も高いおすすめ業者です。

例えば、公式サイトのリフォーム施工例も豊富で、施工してもらう際には安心できるのではないでしょうか。

 

キッチンリフォームおすすめ業者5位はアートリフォーム東京支店

キッチンリフォームおすすめ業者5位は「アートリフォーム東京支店」です。

キッチンリフォームおすすめ業者5位はアートリフォーム東京支店

 

実力が高いアートリフォームは、当然首都圏である東京にも店舗を構えています。

おすすめ業者の中でも年商が高く、たくさんのユーザーがアートリフォームに頼んでいることがわかります。

アートリフォームには専門知識を持ったプロや、豊富な他社メーカーを取り扱ったキッチンリフォームが持ち味です。

技術力と商品展開力が、おすすめ業者としての地位を確立させています。

創業65年、年間リフォーム件数6,000件(キッチンだけでない全体的なリフォーム数です)、この数字がおすすめ業者としての信頼度を表していますよね。