キッチンリフォーム、マンションでの費用相場と事例、おすすめメーカーを調査!

キッチンリフォーム マンションで行う場合 費用・相場は? キッチンリフォーム知識

キッチンリフォームをマンションで行いたい場合の費用相場と事例を紹介します。

ついでマンションのキッチンリフォームに詳しいおすすめメーカーも知って、よりよいメーカーにリフォームを頼んでみましょう。

 

キッチンリフォーム、マンションでの費用・相場

キッチンリフォームをマンションで行う場合、費用・相場はどの程度になるのでしょうか。

キッチンリフォーム マンションで行う場合 費用・相場は?

 

ッチンリフォームをマンションで行う場合、おおよそ「100万円~150万円」が費用・相場だと考えてください(キッチンを新たに購入した場合です)。

主にキッチン代金、工事施工費、諸費用の合計金額になるのですが、キッチンの場合は代金の上下差が激しいので、一概におおよそ通りの費用になるとは限りません。

また、マンションと戸建住宅のキッチンリフォームの違いは、「制限があるかないか」です。

マンションは集合住宅ですので、管理会社がリフォームの制限をつけているかもしれません。

マンションの設計上できない工事もありますので、マンションの場合はリフォームの幅が少しだけ狭くなります。

そのため、戸建住宅よりかは費用を抑えることができる傾向があります。

もしキッチン自体を交換しないような簡易リフォームを施工する予定なら、DIYでリフォームしてみてはいかがでしょうか。

床や壁、カウンターを造る場合でも費用を大幅に抑えることができます(高くて30万円前後です)。

ただし、マンションのDIYリフォームの規約をしっかり読んで禁止事項に触れないか確認し、マンションの管理会社にリフォームした旨も説明するようにしてください。

 

キッチンリフォーム、マンションでおすすめメーカー商品

キッチンリフォームをマンションで行う場合の、おすすめメーカー商品をランキング形式で紹介していきます!

キッチンリフォーム マンションで行う場合 おすすめメーカー商品

 

1位 LIXIL「リシェルSI」

キッチンリフォームをマンションで行うなら、「LIXILのリシェルSI」を購入するのがおすすめです。

LIXIL「リシェルSI」画像

 

リシェルSIのおすすめポイントは、「システムキッチンならではの利便性とおしゃれさ」です。

I型(L型も販売)生活動線の配慮は難しいかもしれませんが、性能面はピカイチです。

傷つきにくい、汚れにくい、掃除が簡単などの衛生面、ハンズフリーによるサポートなど、全ての機能がおすすめポイントになっています。

デザインも非常におしゃれでコンパクトな印象があります。

2位 TOTO「ザ・クラッソ」

キッチンリフォームをマンションで行うなら、「TOTOのザ・クラッソ」をおすすめしたいです。

TOTO「ザ・クラッソ」画像

 

TOTOのザ・クラッソはI型、L型、対面型、アイランド型がありますが、マンションの台所の広さに余裕があるなら、アイランド型を特におすすめします。

元々「美しさ」に重きを置いているキッチンなので、見た目が特におしゃれなアイランド型にすると、さらに美しさに磨きがかかるからです。

おしゃれなマンションにはおしゃれなキッチンが似合いますよ!

3位 トクラス「Bb」

キッチンリフォームをマンションで行うなら、「トクラスのBb」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

トクラス「Bb」画像

 

Bbのおすすめポイントは「コンパクトなのに高性能」な点です。

マンションの台所は戸建住宅より狭い可能性があるため、大きなキッチンに変えづらいのがネックです。

しかし、コンパクトながら高性能なモデルを導入することで、小さいながらも快適に調理することが可能になります。

コンパクトな分価格も抑えられています。

 

キッチンリフォームをマンションでしましたブログを調査

キッチンリフォームをマンションで施工したブログを見て、成功したか失敗したか見ていきましょう。

キッチンリフォームをマンションで施工したブログの口コミ

 

マンションキッチンは「LIXILのアレスタ」に決定!

ブログAさん
大幅リフォームをするためにキッチン自体を購入しましたが、このブログ主は「LIXILのアレスタ」に決めたようです。

LIXILのアレスタ画像

 

ブログ主が成功したと思ったポイントは、大理石製のおしゃれ性と掃除しやすい点、取っ手をつけたことによる細かい調理簡易化でした。

マンションかそうではないかにこだわらず、使いやすいキッチンは快適に調理できることが絶対条件です。

ブログ主はもう少しお金があればプラスで要素を付け加えたかったと言っているため、やはり成功させるカギは機能の追加にあるようです。

マンションでキッチンリフォームする場合、一生モノの買い物と思ってLIXILのアレスタのような高性能タイプに変えてみてはいかがでしょうか。

「白いキッチン」で清潔感抜群!

ブログBさん
こちらのブログ主は「白いキッチン」をテーマに、「パナソニックのL-CLASS(L型)」にリフォームしたようです。

パナソニックのL-CLASS画像

 

立地や間取りを特に気に入っているマンションなので、少しづつ手を加え、よりよい生活にしていくつもりのリフォームとのことでした。

キッチンはもちろん白いタイプを選択し、壁も「クリスタルホワイト」のキッチンボードを使ったため、全体が白くて清潔な出来になりました。

マンションのキッチンリフォームはどうしても限られたスペースがネックになりますが、その分リビング側に収納スペースをたくさんつけたことで余計なものを置かない工夫が見られました。

こちらのブログは要所要所で写真撮影してブログに公開しているので、リフォームのポイントをしっかりと掴むことができます。

 

キッチンリフォーム、マンションでクリナップを導入したい

マンションでキッチンリフォームする際「クリナップ」を導入したい場合の注意点や特筆事項を紹介します。

キッチンリフォーム、マンションでクリナップを導入したい事例

 

クリナップとは有名なキッチンメーカーで、キッチンリフォームにも対応しています。

クリナップは性能が高く、「おすすめキッチンランキング」の上位常連メーカーとして知られています。

マンションのキッチンリフォームでも活躍してくれるでしょう。

例えば、マンションの台所の広さが限られていたとしても、小さめのサイズなのに高性能なキッチンがたくさんあります。

特におすすめしたいのは、クリナップの「クリンレディ」です。

ステンレス製で寿命が長い上、水まわりや調理面のサポートも厚いので、マンションを購入して一生住む予定なら選択肢に入れてみましょう。

他のクリナップ商品もマンションに適したアイテムが揃っているので、失敗することはないでしょう。

クリナップは商品の幅が多いので、ひとつひとつの機能をしっかり確認して意思決定してください。

 

キッチンリフォーム、マンションの事例

マンションでキッチンリフォームした事例を紹介します。各事例でどの程度費用がかかったか、流れはどうだったかをチェックしましょう。

キッチンリフォーム、マンションの事例

 

事例① キッチンの壁を取り除きたい

マンションを購入して3年経ちましたが、小さな子供ができたため、調理しながらも気の抜けない毎日を過ごしていました。

キッチンの壁を取り除きたい

 

そんなとき、「調理しながら子供がいるリビングを見渡せたらな」と思いました。

なんとか実践できないかと調べた結果、壁を壊してもらうことに決めました。

インターネットにはマンションのキッチンリフォーム事例がたくさんあった上、見積もりで料金が15万円の業者があったので(アドネットジャパンという業者です。)「これはお得だ」と思い、依頼しました。

自分が購入したマンションはリフォームOKだったので、壁を壊し、台所を見渡せるようにしました。

元からあった壁に固定電話などを取り付けていた関係で、キッチンまわりの収納スペースもグレードアップしました!

事例② I型キッチンから対面式キッチンへ!

私のマンションのキッチンは「I型」でした。しかし、知人からは対面型がおすすめだと紹介されました。

マンションのキッチンはI型より対面型のほうが便利

 

気になってインターネットでの事例を調べてみると「I型より対面型のほうが便利」という声は確かに多かったです。

キッチンが古くなっていたこともあったので、思いきって対面型にリフォームすることに決めました。

対面型を取りそろえているメーカーは多かったのですが、一番有名なクリナップにしようと思いました。

クリナップはステンレス製のキッチンがセールスポイントですので、掃除が嫌いな私にぴったりだと感じたからです。

クリナップの「S.S.」にしましたが、「うちのマンションで一番綺麗で便利なキッチンなのではないか」と思うくらい出来がよくて満足しています!

ちなみに費用は全体で120万円と、そこそこお得にリフォームしてくれました。

事例③ 節約できるキッチンにしたい!

元のキッチンはマンションに引っ越した15年前からずっと使っているキッチンで、最新式ではありません。

節約できるキッチンにしたい!

 

節水などの面で他の家よりも劣っています。

そこで、「キッチン自体を変えて節水することができないか」と考えた結果、リフォームすることに決めました。

水まわりに一工夫入れたいので、水まわりのプロメーカーである「TOTO」にマンションでおすすめ節水タイプがないかと聞いてみた結果「クラッソ」をおすすめされました。

節水と時短ができるキッチンとして有名なクラッソは、節水したいと思っている私の気持ちを代弁してくれるかの性能です。

費用は、インターネットの事例と比べやや高めの160万円でしたが、節水してくれるため、水道代を抑えることができています。

コツコツと元を取っていくつもりです。

 

コメント