キッチンリフォームで収納量をアップしたい!選択肢と気になる費用は?

キッチンリフォームで収納量をアップする方法と費用 キッチンリフォーム知識

キッチンリフォームで収納量をアップしたい場合の選択肢や費用について紹介します。

キッチンの性能はもちろん求められますが、キッチンの収納量をアップすることも、快適な調理空間生成のために必要です!

 

キッチンリフォームで収納量アップする方法と費用

キッチンリフォームで収納量をアップする方法と費用を紹介します。

キッチンリフォームで収納量をアップする方法と費用

 

収納量をアップする方法は色々ありますが、キッチン用具がごちゃごちゃした環境で調理をしても、捗りませんよね。

そのため、できるだけ自分が動かずに調理器具を出せるように収納量をアップさせる必要があります。

基本的にはキッチンそのものに収納できるようにする「フロアキャビネット」を利用してください。

収納量は格段とアップするはずです。

必要があれば収納棚やカウンターも利用しましょう。

こちらは「普段使わない用具」を収納すると機能しやすいです。

収納量をアップさせるキッチンリフォームの幅は広く、色々な方法があるので、自分の生活動線に合ったものを選択してください。

収納量をアップさせるキッチンを購入する場合、普通よりも割高になる可能性があるので、注意してください。

10万円程度上乗せされます。

また、収納棚やカウンター、吊り戸棚を取り入れる場合、20万円あれば問題ないでしょう。

 

キッチンリフォーム、壁面収納について

キッチンリフォームで壁面収納を取り入れる場合について紹介します。

キッチンリフォームで壁面収納を取り入れる場合について

 

壁面収納とは、壁に棚や収納スペースを取り付けることです。

単純に収納量を増やすことができるので、食器や調理器具を簡単に取り出すことができるでしょう。

もし、キッチン用具が多いと感じたなら、思い切って壁面収納を活用してみてください。

壁面収納のキッチンリフォーム費用についてですが、取り付けるキッチンの値段に壁面収納で取り付ける棚費用も掛かるため、費用は少し大きくなるでしょう。

家具屋を利用することになりますが、1万円~30万円まで幅広い商品があります(取り付け代金は別です)。

どうせなら好きなデザインのものを選んで、こだわり面でも壁面収納してよかったと思うようにしてください。

壁面収納を取り入れるデメリットは、どうしても棚分のスペースが圧迫されてしまうことです。

しばらくは自身の生活動線の変化に戸惑うかもしれません。

また、壁面収納のアイテムがキッチン全体の雰囲気に合うレイアウトにしないと、キッチンの雰囲気がバラバラになり、バランスが悪くなります。

 

キッチンリフォーム、収納棚について

キッチンリフォームで収納棚を取り付ける場合について紹介します。

キッチンリフォームで収納棚を取り付ける場合について

 

収納棚を取り付ける場合、自分が所持している調理器具や、今後購入する予定の食器などをちゃんと確認してください。

もし、収納棚の収納スペースが余った場合、ただキッチンのスペースを圧迫してしまうだけになります。

もし、それほど調理器具や食器を持っていないのだとしたら、収納棚を無理して取り付ける必要はありません。

しかし、今後物が増える可能性はありますので、「オープンタイプ」の収納棚を取り付けてみてはいかがでしょうか。

オープンタイプの収納棚もスペースを圧迫しますが、従来の収納棚よりはコンパクトなサイズですし、安いもので1万円代の収納棚もありますので、費用も抑えることができます。

なにより、オープン収納棚代わりに木板を壁に取り付けるDIYでも代用できるのがポイントでしょう。

オープン収納棚でカフェのようなおしゃれな雰囲気を出すこともできるので、インテリアしやすいのもおすすめポイントです。

もちろん、調理器具がたくさんあるようなら従来の収納棚も活躍するでしょう。

 

キッチンリフォーム、収納に吊り戸棚について

キッチンリフォームに吊り戸棚を取り付ける場合について紹介します。

キッチンリフォームに吊り戸棚を取り付ける場合について

 

実は、近年では吊り戸棚を利用するタイプのキッチンリフォームは激減しています。

なぜなら、吊り戸棚が壁の高い位置にあることで取り出しにくいからです。

上の方をチェックするよりも、壁面収納などで取り付けた収納棚から物を取り出したほうが便利ですよね。

しかし、天井に吊り戸棚を付けることで、スペースの圧迫にはなりません。

台所がどうしても狭くて、収納部分に手を加えにくいのなら、吊り戸棚の活躍盤面を考えることができます。

吊り戸棚にキッチンリフォームする場合の費用ですが、10万円もあれば問題ないでしょう。

基本的に吊り戸棚のサイズが大きいほど価格が大きくなりますが、昇り降りするタイプやガラス製の吊り戸棚にすると、価格はもう少し大きくなり、10万円以上のリフォームになるかもしれません。

また、高いところに収納する性質上、「食器」の収納には向きません。

食器のみを収納したい場合は、収納棚を購入したほうがいいです。

 

キッチンリフォーム、収納ユニットについて

キッチンリフォームで収納ユニットを利用したい場合について紹介します。

キッチンリフォームで収納ユニットを利用したい場合について

 

収納ユニットのおすすめポイントは、簡単に移動できるので、レイアウトを変えたい場合に便利だということでしょう。

自分がレイアウトにこだわりにこだわりを持っていて、棚を移動させたいと思った場合、骨が折れますよね。

そんな中、移動式の収納ユニットがあれば、押すだけで簡単に移動させることができます。

注意したい点は、収納ユニットが移動した場合、収納していた調理用具や家具などが落ちてしまう場合です。

子供がうっかりぶつかった場合も注意したいです。

そのため、できるだけ食器は置かないようにして、軽食や金属製でない調理器具の収納がメインになるでしょう。

基本的に家具屋で購入する収納ユニットで事足りますが、持っている器具の量が多い場合は、それなりに大きな収納ユニットを用意したほうがいいです。

高い収納ユニットで5万円~10万円程度ですので、料金面はそこまで問題ではないでしょう。

 

キッチンリフォーム、カウンター収納について

キッチンリフォームでカウンター収納を利用する場合について紹介します。

キッチンリフォームでカウンター収納を利用する場合について

 

カウンター収納とは、壁に取り付けられているキッチンとは別に、カフェやバーなどの「カウンター」を設置して、そこに収納スペースを作る工夫のことです。

カウンター収納にすることで、例えば壁を向いて調理をしながら、振り向いてカウンター収納している調理器具を取り出すことが可能です。

このように、カウンター収納を取り入れることで調理の簡略化が可能になります。

キッチンそのものの収納量が少ない場合や、収納しつつおしゃれなキッチンにしたい場合、カウンター収納を取り入れるのは断然おすすめできます。

カウンター収納を取り入れる場合、キッチンカウンターを購入したほうが手っ取り早いですが、ある程度カウンター収納できて安いカウンターでも、5万円~8万円は必要です。

業者に依頼して取り付けた場合、施工費も別途かかります。そのため、DIYで施工することも考えていいでしょう。

 

キッチンリフォーム、収納扉について

キッチンリフォームで収納扉をリフォームしたい場合について紹介します。

キッチンリフォームで収納扉をリフォームしたい場合について

 

収納量に関して直接的にカバーするリフォームではありませんが、キッチン全体の雰囲気を変えたい場合、収納扉もリフォームしたいです。

気を付けておきたいポイントは、収納扉をリフォームするだけならDIYで充分行える点です。

そのため、業者に頼る必要性はあまりありません。

収納扉をリフォームする場合は、カッティングシートなどを購入してください。

このカッティングシートを収納扉に張り付け、収納扉の外観を強制的に変えてしまいます。

その際、自分が気に入ったデザインのカッティングシートを購入しましょう。

DIYで充分施工可能ですので、価格に関してはそこまで問題ではありません。

リフォームしたい収納扉の量にもよりますが、おおよそ1万円~2万円もあれば大丈夫でしょう。

また、「収納扉がマグネットタイプのキッチンなので、扉部分にも何か取り付けてそこに収納したい」と考えるのなら、マグネットラックを購入して収納するという手もあります。

 

コメント